お悔み | 下関市周辺の不動産をお探しなら緑都開発株式会社にお任せ下さい。

下関不動産情報![緑都開発]下関賃貸アパート賃貸マンション下関の売買物件

083-257-4000

営業時間9:30~18:00定休日毎週水曜日、第二土曜日・日曜日、第四日曜日

okuyami

弊社では、大切な故人が残された不動産に関して下記のようなご相談を承りました。

①相続した不動産に住む予定がなく、空き家で放置している

ご両親が亡くなられて、実家には誰も住まないことになった場合、当然空き家になります。

 

相続人の中で、全員の意向が一致しないと相続の手続きや売却の手続きが進められません。
しかし、相続人の中で思い出の実家を残したいと思われる方が居て、空き家として残した場合、老朽化・周囲への悪影響・支払いなどの問題が発生してしまいます。



緑都開発はこれらのケースなど、お客様それぞれの相談内容にあった解決策をご提案しています。

②同居の相続人と他の相続人で不動産をめぐり意見がまとまらない

相続が発生した際に、財産調査をしたうえで相続財産の中で親が住んでいた実家の不動産が最も高い価値をもっている場合、その不動産を誰が相続するのか相続人間でトラブルになってしまうケースがあります。

③一つの不動産を相続人で平等に分けたい

不動産を平等に分割するには、大きく分けて3つの方法(共有分割・代償分割・換価分割)があります。

共有分割とは

ひとつの土地を複数の相続人の共有名義にして相続する方法です。

 

例)4人兄弟が共有する場合、それぞれの持分が4分の1ずつになる

しかし、平等に相続できる一方、共有名義は土地活用をする際に様々なデメリットがあります。
デメリットとは、売却や建築には所有者全員の同意が必要になる。

 

相続人の子どもの世代や孫の世代に相続すると、持分のある共有者が増え、ますます活用が難しい土地になるなどが挙げられます。
共有分割は、表面的には土地相続の簡単な解決方法に見えますが、こうしたデメリットを考えると決して良い分割方法とは言えません。

代償分割とは

現物財産の一部(不動産等)、もしくは全てを相続人の1人が相続し、代わりに他の相続人に代償金を支払う分割方法です。

 

例)被相続人の法定相続人が、配偶者と娘A、娘Bの計3人いる場合で配偶者は被相続人の財産である自宅に住み続けたい娘A、娘Bは売却して現金化を望んでいる 

上記のような場合は、現物分割や換価分割での遺産分割は困難になります。
このような状況で、配偶者が自宅を相続する代わりに代償金を娘A、娘Bに支払って遺産分割を行うことを代償分割といいます。

換価分割とは

財産の一部(不動産や有価証券等)、もしくは全てを売却し、現金化してから分割する方法です。

 

換価分割を行う場合の注意点ですが、亡くなった被相続人名義のままでは、財産を売却することは出来ませんので、はじめに財産の名義変更を行ってから売却します。
その後、財産の売却によって得た現金を、相続分に応じて相続人で分割することになります。

多くの場合、代償分割や換価分割が選ばれています。

④不動産を相続しようとしたら、前の世代の名義のまま放置されていた

遺産分割協議書を作成して、実家を相続しようと不動産関係の書類を取り寄せた後に、不動産の名義人が何世代か前のままだったと発覚するケースも実際に多くあります。
不動産の名義変更は、義務では無く、さらに期限も無いことからそのまま放置されているといった状況もあります。
そういった場合、その世代からご自身へと名義変更が必要になり相続人の人数も相当数増えていることが予想されます。


非常に手間と時間・費用がかかる手続きとなります。緑都開発ではこういった状態でも相談内容にあわせて解決策をご提案致します。

■緑都開発の事業内容

事業部名事業内容
■ 流通事業・不動産売買仲介
・宅地造成・分譲事業
・不動産買取販売
・価格査定サービス(無料)
・住まいリースバック
■ 賃貸管理事業

・不動産賃貸仲介
・賃貸不動産管理
・サブリース
・社宅代行、家賃保証
・公営住宅管理、空き家管理

・「0円賃貸」
・満室対策提案

■ 建設事業・宅地造成設計施工
・分譲住宅建設
・リフォーム・リノベーション設計施工
・インテリアデザイン
・エクステリアデザイン
・建物診断(インスペクション)
■ コンサルタント事業・相続コンサルタント
・有効活用コンサルタント
・中高層建設コンサルタント
・宅地造成コンサルタント
・地域開発企画コンサルタント
・不動産投資顧問
■ 保険・その他事業・各種情報処理提供サービス
・住宅関連商品販売
・損害保険・生命保険募集

■相続不動産の有効活用方法

①不動産を持っておく

相続した不動産を今すぐ利用する予定はないが、今後住む予定や有効活用を考えている際は緑都開発の空き家・空き地管理をお勧め致します。

 

遠方に住んでいる・近くに住んでいるが管理する時間がない等の事情で親族で管理出来ない場合があり、緑都開発でも多くのお問い合わせがございます。

当社では、「通風・換気」や「清掃」等の空き家・空き地管理を行っております。

 

詳しくはこちらをクリック・タップの上ご確認ください。

②不動産を貸す

相続した不動産を賃貸に出すことができれば、収益を生むことができますし、思い出の実家を失うこともありません。空室になったタイミングで自分達が住むこともできます。

賃貸に出すためには、当該家の状態が賃貸に適しているのか判断をしなければいけません。

 

緑都開発では、不動産の売買だけでなく不動産賃貸仲介も行っております。多くの賃貸仲介の実績もあり、地域密着の不動産業をおこなっております。現在のニーズと過去の実績を基にリフォームのご提案や賃料設定等のご提案が可能です。

 

不動産賃貸仲介専門のサイトもございますので、入居者の仲介も安心してお任せください。

ただし、「貸す」ということのデメリットも理解しないといけません。これらについてもしっかりお伝え致します。

③不動産を売却

不動産の売却には2通り方法があります。「仲介」と「買取です」

 

「仲介」での売却方法は、売却する不動産を緑都開発に売却依頼(媒介契約の締結)をおこなうことで、売却することが可能となります。

この場合は、主に一般の個人のお客様が購入することとなりますので、販売活動をおこない購入希望者を探す必要があります。

 

様々な広告媒体を利用し、広く購入希望者を探すため、不動産市場の相場価格で成約に至る可能性が高いといえます。売却出来た場合仲介業者に仲介料をお支払しますので、原則、広告を掲載したり販売活動も購入希望者へのアピールなども、仲介会社が行ってくれますので、その点も力強いです。

緑都開発は地域密着の不動産業者ですので安心してお任せ下さい。

 

不動産の「買取」は、緑都開発が買主になる方法です。

メリットとしては、
 ①すぐに現金化できる
 ②仲介手数料がかからない
 ③契約不適合責任が免責となる
 ④不特定多数の希望者による内覧が不要

があります。

手間をかけずに売却したい場合やすっきり手離れしたい場合は「買取」をお勧め致します。

ご相談の多くは、「不動産売却」を選ばれていますが、緑都開発ではその他の可能性も考えたうえでご提案しています。

 

くわしくはこちらをクリック・タップの上ご確認ください。

HTMLテキスト

■緑都開発のメリット

①ワンストップでお手伝い

当社は、行政書士・司法書士・税理士・土地家屋調査士等の仕業とも業務上お付き合いが多い為、相続の相談や手続きのご紹介が可能です。この場合はどこに、この場合はあちらに、という事が無くご遺族の手間と時間の軽減にお手伝いが可能です。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。

②緑都開発は不動産総合業

緑都開発は上記の業務内容に記載させて頂きましたが、不動産に関する全ての業務を網羅しております。相続案件だけでなく、不動産に関するお悩みの解決のお手伝いをさせていただきます。

③地域密着

緑都開発は、山口県下関市で33年間地域密着を最重要課題として営業させて頂いております。

下関市内の不動産の売買・賃貸に関して経験・データ・実績を基にご遺族様にとって最善のコンサルタントが可能です。

 

 

大切な故人が残してくれた不動産について心配ごとはございませんか??

 

お問い合わせは下記のお問い合わせフォームにご入力をお願い申し上げます。

 

 

相続不動産ご相談フォーム
  • STEP1 お客様情報を入力
  • STEP2 入力内容を確認
  • STEP3 お問い合わせ完了

必須は必須項目です。

お問い合わせ内容
  • お名前
  • 必須

  • フリガナ

  • 電話番号

(半角数字)

  • メールアドレス
  • 必須

(半角英数字)

  • 現在お住まいの住所
  • 必須

  • ご相続された物件の住所
  • 必須

  • 物件の所有者は?
  • 必須

  • 現在の状況を教えて下さい

  • その他ご質問・ご要望等

  • 当社からのお知らせ

プライバシーポリシー

緑都開発株式会社(以下「当社」といいます)は、 当ウェブサイトにおいて提供する当社サービス(以下「本サービス」といいます)にかかる、当社の個人情報保護に対する基本方針(プライバシーポリシー)及び個人情報に関する公表事項を定め、公開いたします。

【個人情報保護に対する基本方針】

当社は、当社不動産仲介業の一環として、本サービスを提供しております。当社は全てのお客様に安心してお付き合い頂くために、本サービスを通じてお預かりしております個人情報を安全に管理することが至上命題であると考え、プライバシー保護を当社の企業活動における社会的責任と捉えています。当社はこの責任を果たしていくために、この個人情報保護方針を定め、個人情報の適正な取り扱い、維持、管理に誠心誠意努めます。

1.対象

当社は、本サービスにかかる個人情報の保護に関し、本方針を適用いたします。

2.個人情報の収集・利用・提供

当社は、皆様の個人情報に関して、ご本人の同意なく無断で収集することはありません。収集に同意いただいた場合でもあくまで、事前に通知した利用目的の範囲内でのみ使用します。個人情報は同意がある場合、法律上要求し許容されている場合及び利用目的の達成に必要となる範囲内で委託する場合を除いて、第三者に提供いたしません。

3.個人情報の安全保護

当社の保有する個人情報は厳重に管理されています。 当社は内部規定・体制整備等の組織的安全管理措置、従業者の教育等の人的安全管理措置、盗難防止等の物理的安全管理措置、アクセス制御等の技術的安全管理措置を講じ個人情報にかかる事故の予防に努めます。

4.法令・社内規定の遵守

当社は、個人情報に関する諸法令、所轄官庁の定める諸規則の遵守に努めます。

5.苦情・相談への対応

当社は、当社の個人情報の取り扱いに関してご本人又はその他の方から苦情又は相談を受けた場合には、誠実にこれに対応し、また必要に応じて当社における個人情報の取り扱い方法を改善いたします。

【個人情報に関する公表事項】
1.当社の名称

緑都開発株式会社

2.当社の所在地

山口県下関市一の宮町2-17-2

3.個人情報保護に関する責任者

代表取締役社長 小松 靖之介

4.個人情報(保有個人データを含みます)の利用目的の公表に関する事項

当社におきましては、本サービスを通じてお預かりした個人情報を、以下の目的のために利用いたします。
a.会員としてログインする際の本人認証及び会員ページにおける会員関連情報の表示のため
b.電子メール、郵便、電話等による本サービスや関連する当社サービスの情報提供を行うため
c.ご本人からのお問い合わせに対する対応のため
d.ご本人への当社の不動産仲介役務の提供のため

5.認識し得ない方法による個人情報の収集

本サービスでは、利便性の向上のため、ご本人が利用するWebサーバーに記録されたCookieを自動的に取得して利用する場合があります。

5-1.Cookieとは

Cookieとは、ウェブページを訪問したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、訪問者のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。次回、同じページにアクセスすると、Cookieの情報を使って、ページの運営者は訪問者ごとに表示を変えたりすることができます。訪問者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、ユーザーのブラウザからCookieを取得できます。なお、訪問者のブラウザは、プライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。

5-2.Cookieの設定について

当ウェブサイトの会員であるかに関わらず、訪問者は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。
すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合がありますのでご注意ください。

5-3.当社がCookieを使用して行っていること

以下の目的のため、当社はCookieを利用しています。
・訪問者が認証サービスにログインされるとき、保存されている訪問者の登録情報を参照して、お客様ごとにカスタマイズされたサービスを提供できるようにするため
・訪問者が興味を持っている内容や、当社のサイト上での利用状況をもとに、最も適切な広告を他社サイト上で表示するため
・当社のサイトの利用者数やトラフィックを調査するため
・当社のサービスを改善するため
・セキュリティー保持のため、ご利用から一定の時間が経過した訪問者に対してパスワードの再入力(再認証)を促すため

6.保有個人データに関する事項

保有個人データに関する当社の安全管理対策の内容は、プライバシーポリシーに記載のとおりです。

7.個人情報の第三者提供

当社は、法令で許容される場合の他は、ご本人の事前の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはありません。

8.開示等の求めに係る手続き

当社では、保有する個人情報のご本人から個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止、第三者への提供記録の開示等の求め(以下まとめて「開示等の求め」といいます)があった場合、当該開示等の求めに法令に定める理由があり、当社が開示等を行う権限を有しているときは、速やかに応じさせていただきます。

(1)開示等の求めの対象となる項目

6に記載の個人情報に係るすべて

(2)開示等の求めのお申し出先

〒 751-0806 山口県下関市一の宮町2-17-2

TEL 083-257-4000 FAX 083-256-9999

(3)開示等に際して提出する書面・手数料

当社においては開示等に際して使用する特定の書式は定めておりません。また当社では開示等について手数料は徴しておりません。

(4)ご本人確認

開示等にあたってはご本人確認のため運転免許証、パスポートなどの写真付き身分証明書の写しをご送付願います。 また代理人によるご連絡の場合には代理関係を証明する書類を共に送付願います。

(5)回答方法

原則として書面により回答いたします。

9.苦情の受付窓口

8(2)に同じです。なお当社の所属する認定個人情報保護団体等はありません。