売買Q&A | 下関市周辺の不動産をお探しなら緑都開発株式会社にお任せ下さい。

下関不動産情報![緑都開発]下関賃貸アパート賃貸マンション下関の売買物件
不動産売買_お部屋探し_入居者様_お問い合わせ

売買物件よくある質問 Q&A

頭金はどれくらい必要ですか?
一般的には物件価格の20%が理想なのですが、受けられるローン等により変わってきますので特に規定はありません。
ただし、借入総額に対し毎月の返済額に無理がないかが大事なポイントになります。
不動産購入に必な諸経費はいくらくらい必要ですか?
不動産を登記するために必要な「登録免許税」、金融機関の住宅ローンを利用する場合は、「融資手数料」「火災保険料」、不動産会社へ支払う「仲介手数料」などが必要です。必要額のおおまかな目安は物件価格の5%~7%です。
不動産を購入後に掛かる経費にはどのようなものがありますか?
不動産を所有の方は、毎年固定資産税が課税されます。これは個人が所有する、建物・分譲マンション・土地等全ての不動産に課されるものです。
自己資金が少ないのですが、購入できるのでしょうか?
自己資金とは、物件の購入に充当する頭金と諸費用の合計のことです。
一般的に住宅ローンは、物件価格の80%~90%程。つまり、物件価格の10%~20%は用意しておきたいものです。 とはいえ、金融機関によっては、100%のローンや諸費用ローンなどの利用ができる事もございますので、お気軽にご相談ください。
購入時の手付金はどれくらい必要なのですか?
手付金を極力抑えることはできますが、一般的には手付金は売買代金の10%を売主様に支払う事が多いです。
契約を解除したい場合に手付金を放棄することで、無条件で契約を解除することができます。
したがって、簡単に契約の解除ができないように売主様、買主様にとって、小額の手付金はあまり望ましいものではありません。
良い土地情報がありません。見つけるコツは?
何も土地のみで探すことはないでしょう。一戸建ても視野に入れた方が、情報量が当然多くなります。中古一戸建てとして売られている物件の中には、建物が古いため土地価格に近いものがあります。つまり、「古い建物付きの土地」といったイメージですね。しかしこの場合、解体費用がかかりますので注意が必要です。
中古住宅の場合、リフォーム代は売主・買主どちらが負担するの?
中古住宅の売買はそのまま現況引渡しの場合が多いです。つまりリフォームは買主様のご負担となります。とはいえ考え方を変えれば、買主様が自分の好みにあったリフォームができるメリットもあるのです。